香港生活.com

香港移住、旅行、資産移転等を考えている方へお役立ち情報をお届けします。

香港HSBCがセキュリティデバイスの新規発行を停止

香港HSBCを利用されている方に大きなニュースです。

HSBCは今後、新しいセキュリティデバイスを発行しない、また旧セキュリティデバイスの入れ替え(リプレース)も行わない事を発表しました。

こちらのHSBC公式サイトで発表されています。

https://www.hsbc.com.hk/ways-to-bank/internet/security-key/

digital_banking_en

PIN-Protected Security Device

As of 1 March 2020, we no longer issue a physical Security Device for Personal Internet Banking customers with password setup, except for customers with accessibility needs. Customers may to download HSBC HK Mobile Banking app and switch to Mobile Security Key for more convenient banking services.  

念の為、簡単な翻訳を載せておきます。

セキュリティデバイスについて
2020年3月1日をもって、HSBCは個人口座インターネットバンキングに対するセキュリティデバイスを発行しない事を決めました。HSBC顧客はHSBC HKモバイルバンキングアプリをダウンロードし、モバイルセキュリティキーによるログインへの変更が可能です。

今後のHSBC利用にはアプリが必須

これにより、今後新たにHSBC個人口座を開設される方は、スマホ利用者でHSBCのアプリを使用できる方に限定される事になります。また、今のセキュリティデバイスはしばらく使えるようですが、もし電池切れなどで使えなくなったり故障した場合、新しいものは発行してもらえませんので、アプリ利用に切り替える必要が出てきます。

アプリについてはこちらのページで開設がされています。
https://www.hsbc.com.hk/ways-to-bank/internet/security-key/

アプリに使い方についても別記事にて解説予定です。

2020年のHSBC口座開設は?厳しい?簡単?

20160105_2

2019年も例年同様、HSBC口座開設のハードルが上がったり下がったりの繰り返しでしたね。

2019年前半、特に旧正月近辺ではもの凄く厳しくなり、多くの口座開設業者が業務を停止していました。

そして、春から夏にかけてはウソのように易しくなり、もはや「誰でも開設出来ます」状態になりました。

しかし、2019年の冬になると、年初以上の厳しい状態となりました。具体的には、口座開設にマネージャーとの面談が追加され、ブース内で口座開設手続きをしていても、その途中に話しかけてくるマネージャーとの会話で英語がしゃべれないと口座開設を認められない状態となりました。

もちろん、口座開設業者、通訳者の同行は認められていません。

昨今日本はマイナンバー制度に恐れを抱く資産家が増えたため、必然的にHSBC口座開設を希望する人が増えたのでしょう。それを見越して、HSBCは口座開設数を増やしたい思いはあるものの、日本人の多くが口座開設しても休眠状態にあるという苦い経験の為、一度締め付けをしたのかもしれません。

そんな状態で迎えた2020年ですが、知り合いのHSBC行員によると、2020年年初からはまた口座開設がやりやすくなるという話を聞いています。

行員が言っているのである程度の信頼性はある話だと思いますが、旧正月前後でまたルールの変化が起きる可能性はあると思います。

いずれにしても今年も易しくなったり厳しくなったりの繰り返しだと思いますので、口座開設希望者で英語が苦手な方は、最新情報をチェックしながら渡航計画をたてる事をお勧めします。


HSBC口座開設の基本を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

もう怖くない!HSBC口座開設完了までの13ステップ

そのHSBC口座、本当に必要ですか?開設後に後悔しない為の3つの活用法

【料金後払い!100%開設保証】HSBC口座開設サポートを正式に受付開始します

hsbc_support


既に口座をお持ちの方に役立ちそうな記事はこちら

HSBC口座「凍結」を防ぐ為に必要なたった2つのこと
 

あなたのHSBC口座の状態を診断します!HSBC口座診断アンケート
 

hsbc_unfreeze_01

HSBC口座凍結解除の成否を分ける一番のポイント 



 
hsbc_support



既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。

hsbc_unfreeze_01




各種お問い合わせはこちらのお問い合わせフォームよりお願い致します。
※情報はもちろん無料です。

※HSBC及び恒生銀行のレートは、Banknotes、つまり現金授受の場合のレートです。インターネットバンキングのレートとは異なりますのでご注意ください。また、銀行で外貨を両替する場合は別途手数料がかかります。


こちらでも香港旅行&香港生活情報満載!

クリックすると香港情報が集まるランキングサイトへリンクします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
主に香港現地に住む方々だけが知るローカル情報、レストラン、遊び方、行くべき観光スポットなどの情報が満載です!


 

<香港主要両替店と銀行での本日の両替レート>

場所 WE BUY WE SELL
中環A 0.06397 0.06430
上環A 0.06000 0.06600
上環B 0.06360 0.06460
重慶A 0.06380 0.06430
重慶B 0.06390 0.06440
HSBC 0.06323 0.06512
恒生 0.06383 0.06470 

本日の1番良いレートを適用した場合、1万円を両替すると中環Aで約639香港ドルとなります。
また、100香港ドルを両替すると中環A店tp重慶大廈A店で約1,555円となります。香港滞在中の両替の際に参考にしてください。

マカオの悪質タクシー問題深刻=1〜9月のぼったくりと乗車拒否が前年累計の2倍以上に

20151103_1

近年、マカオでは悪質タクシーの横行が社会問題化している。また、最近では営業許可を受けずに自家用車等を使って営業行為を行う白タクなども見受けられるといい、警察などが取り締まりを強化して対応にあたっている。


マカオ治安警察局は10月30日、今年(2015年)1〜9月の違反タクシー検挙数統計を公表した。累計違反検挙数は4050件に上り、このうち、ぼったくりが23%を占める948件、乗車拒否が同35%の1429件で、全体の約6割を占めている。


統計資料によると、昨年(2014年)通年のぼったくり及び乗車拒否の検挙件数はおよそ1000件で、一昨年の約4倍となったが、今年はすでに1〜9月の累計で2377件となり、前年の2.4倍近くに達している。 治安警察局では、悪質タクシーや白タクの存在は市民の利益及び観光都市としてのマカオの印象を著しく毀損する許し難いものとし、違反行為の根絶に向けて取り締まりを継続実施していくとしている。


マカオの人口は約64万人、訪マカオ旅客数は年間約3150万人であるのに対し、タクシー総数はおよそ1000台程度にとどまっており、需要に追いついていないとの見方もある。また、現行法では違反タクシーに対する罰則が極めて甘いと指摘されており、罰則強化やおとり捜査を可能とする法改正の準備も進められている。

マカオのカジノ収入、10月も減少-連休中の訪問客増加でも

20151103_2

マカオのカジノ収入は1年5カ月連続の 減少。国慶節(建国記念日)の連休中に訪問客が増えたが、カジノでの 取引額押し上げにつながらなかった。     


マカオのカジノ監察協調局が発表した10月のカジノ収入は201 億パタカ(約3000億円)と、前年同月比28.4%落ち込んだ。ブルームバ ーグが集計したアナリスト9人の予想中央値は28%減だった。1-10月 では35.5%減少している。     


中国の汚職取り締まりや景気減速で大金を賭ける人やVIP客 がマカオを敬遠しており、カジノ収入は2014年半ば以降、急減してい る。マカオ特別行政区政府によると、10月1-7日の連休中にマカオを 訪れた中国人は前年同期比7.1%増えた。 1年前は17%の増加だった。

msnニュースより  
 
hsbc_support



既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。

hsbc_unfreeze_01




各種お問い合わせはこちらのお問い合わせフォームよりお願い致します。
※情報はもちろん無料です。

※HSBC及び恒生銀行のレートは、Banknotes、つまり現金授受の場合のレートです。インターネットバンキングのレートとは異なりますのでご注意ください。また、銀行で外貨を両替する場合は別途手数料がかかります。


こちらでも香港旅行&香港生活情報満載!

クリックすると香港情報が集まるランキングサイトへリンクします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
主に香港現地に住む方々だけが知るローカル情報、レストラン、遊び方、行くべき観光スポットなどの情報が満載です!


 

<香港主要両替店と銀行での本日の両替レート>

場所 WE BUY WE SELL
中環A 0.06392 0.06435
上環A 0.06000 0.06600
上環B 0.06360 0.06460
重慶A 0.06380 0.06450
重慶B 0.06380 0.06430
HSBC 0.06295 0.06483
恒生 0.06361 0.06451 

本日の1番良いレートを適用した場合、1万円を両替すると中環Aで約639香港ドルとなります。
また、100香港ドルを両替すると重慶大廈B店で約1,555円となります。香港滞在中の両替の際に参考にしてください。

香港の富裕層の資産、5年後には1兆米ドルを超えると予測

20151030_1

スイスに本部を置くプライベートバンク、ジュリアスベアが、香港の富裕層の総資産が5年後には1兆米ドルに達するとの見通しを発表した。


10月29日付香港各紙によると、これは同社がアジア11都市の流動資産100万米ドル以上の富裕層の財務リポートとして2020年まで予測したもの。   香港の富裕層の総資産が今年と比較して42%伸び、1兆4億米ドルになると分析した。


同社のアジア太平洋地域総裁のトーマス・メイヤー氏はその裏づけとして「近年の香港株式市場がライバルのシンガポールと比較して好調なこと」と、「貿易・経済での中国本土との強い連携」を挙げた。  


また「2016年の香港の名目GDPが2010年比で42%増、同じ時期の富裕層の総資産も56%増になる見込みで、驚くには値しない数字」とコメントしている。

HSBCは巨大すぎて英国にはいられない?

20151030_2

英金融大手HSBCホールディングスの取締役会は本社の国外移転の是非を検討するなかで、「巨大すぎて英国を去るしかないのか」という問いと向き合っている。  


20人で構成する取締役会は今春、ロンドンにある本社を国外に移すかどうかについて12月末までに判断すると発表、英国政府に挑戦状をたたきつけた。取締役会の議論に詳しい関係者によると、香港、上海、パリ、米国の複数の都市が移転先の候補に挙がっている。  


関係者はHSBCが移転先を検討する上での重要事項として、英国より経済規模が大きい国で政治的、規制上の圧力が少ないことや金融業界に過剰に依存していないことを挙げた。  


HSBCが保有する資産は2兆5700億ドル(約311兆円)で、英国経済並みの規模に達している。これだけの資産があれば、英国当局が資本を積み増すよう圧力をかけてもおかしくないと調査会社バーンスタイン・リサーチのチランタン・バルア氏は指摘する。  


バルア氏は「本国で影響力が毎年拡大すれば、縮小するよう求める圧力を常に受けることになる」と語った。  


HSBCの広報担当者は、本社移転について会社としての現在の考えを週明け2日の7-9月期(第3四半期)決算発表時に投資家に示すと述べた。それ以外についてはコメントを差し控えた。  


HSBCが本社移転について当局と対立したのは今回が初めてではない。HSBCは約5年前、金融危機後に成立した銀行規制によって英国に拠点を置く費用がかさむと示唆、これが英国から出ていくとの脅しと受け止められた。スタンダード・チャータードも同様に本社移転をほのめかしたが、結局、両社とも英国にとどまった。

hsbc_support



既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。

hsbc_unfreeze_01




各種お問い合わせはこちらのお問い合わせフォームよりお願い致します。
※情報はもちろん無料です。

※HSBC及び恒生銀行のレートは、Banknotes、つまり現金授受の場合のレートです。インターネットバンキングのレートとは異なりますのでご注意ください。また、銀行で外貨を両替する場合は別途手数料がかかります。


こちらでも香港旅行&香港生活情報満載!

クリックすると香港情報が集まるランキングサイトへリンクします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
主に香港現地に住む方々だけが知るローカル情報、レストラン、遊び方、行くべき観光スポットなどの情報が満載です!


 

HSBC口座無料診断をご利用の際はメールアドレス記入を忘れずに

re_089bb1a0d559f21c8fb08d580dff314c


HSBC口座無料診断
をご利用の方で、メールアドレスを適当に書かれる方がたまにいらっしゃいますが、メールアドレスをご記入頂かないとこちらから返信のしようがありませんので、是非正しいメールアドレスのご記入をお願い致します。
※HSBC口座無料診断の目的のみで利用します。

早速ですが、昨日、正しいメールアドレスを記入されずにアンケートにご回答頂いた方がいらっしゃいましたので、本ブログ記事で回答させて頂きます。


まずはアンケート結果はこちらです。

口座を開設した時期はいつですか?

2004年3月

最後にATMカードを使用したのはいつですか?

1年以上前

ATMカードにはICチップが入っていますか?

はい

ATMカードの暗証番号(数字6桁)を覚えていますか?

はい

現在、ATMカードを使って日本のATM(もしくは香港のATM)で残高照会は出来ますか?

いいえ

現在、ATMカードを使って日本のATM(もしくは香港のATM)で現金引き出しは出来ますか?

いいえ

インターネットバンキングにデュアルパスワードを使ってログイン出来ますか?

はい

最新のセキュリティデバイスを持っていますか?

はい

インターネットバンキングにセキュリティデバイスを使ってログイン出来ますか?

はい

HSBC香港から書類を受領出来る状態ですか?(口座開設時の登録住所から変わっていませんか?)

はい

診断結果:口座凍結の一歩手前の状態と考えられます

口座開設は2004年3月と随分昔ですね。今までは口座を活用されてきたのに、ここ最近、1年以上使っていなかった為、ATMカードがロックされてしまったものと思われます。
インターネットバンキングは使えるので、口座凍結までは至っていません。

この場合の解決策としては、ATMカードの最発行を依頼します。

以下のリンクからHSBCカード再発行書類をダウンロードし、HSBCまで郵送してください。

https://www.personal.hsbc.com.hk/1/PA_esf-ca-app-content/content/hongkongpws/pdf/atm-request-service.pdf

書き方が分からない場合は私までご連絡頂ければ無料で記入サンプルをお渡しします。


HSBC関連でお困りの方はご連絡ください

以下の無料診断でアンケートにご記入頂くか、直接お問い合わせ頂ければ出来るだけ早めに回答します。その際はくれぐれもメールアドレスの記入をお願いします。(返信できませんので)


hsbc_unfreeze_01





両替関連記事も随時更新中!
hsbc_support





各種お問い合わせはこちらのお問い合わせフォームよりお願い致します。
※情報はもちろん無料です。

こちらでも香港旅行&香港生活情報満載!

クリックすると香港情報が集まるランキングサイトへリンクします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
主に香港現地に住む方々だけが知るローカル情報、レストラン、遊び方、行くべき観光スポットなどの情報が満載です!


 

↑このページのトップヘ